1. TOP
  2. セルフネイルについて
  3. スカルプとジェルでする爪の長さ出しの違いとは?チップの種類・フローターについて

スカルプとジェルでする爪の長さ出しの違いとは?チップの種類・フローターについて

この記事では爪の長さ出しとフローターに必要なネイル材料を紹介しています。

なので、セルフで爪の長さ出しをジェルやスカルプチュアで行いたい方は読み進めていってください。

目次

長さ出しとは?ジェルスカルプに必要なネイル道具や材料・購入先

爪の長さだしとは自分の爪に長さ厚みを足すことを指します

爪の長さだしと聞くと芸能人などスーパーロングの爪といった印象をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

しかし、実際は自然の長さに見せる長さ出しをする方が多いです。

なので自爪が綺麗な人だなと思っていた知り合いも実は爪の長さ出しをして綺麗に見せていたなんて場合もあるでしょう。

爪の長さ出しに使うネイル材料はジェルとスカルプの2種類です

爪の長さ出しを行う際はジェルかスカルプチュアのどちらかの材料を使って長さ出しをします。

・ジェル(樹脂)

・スカルプチュア(アクリル)

ジェルでの長さ出しをするときはハードジェル以外に筆とライトが必要ですし、スカルプでの長さ出しの場合アクリルパウダー以外に筆とリキット(液体)が必要です。

この液体をモノマーといい、アクリルのパウダーをポリーマーといいます。

ネット検索で商品が出てこない場合はモノマーポリマー検索してみるとたくさんの商品が見つかるでしょう。

ジェルネイルの硬化に必要なジェルライトについて詳しい内容を知りたい場合はこちらの記事をご覧ください。

ジェルライトはUV・LEDどちらがおすすめ?痛い原因は日焼け?ライトが安いから?

また、爪の長さ出しをする際は自爪をサンディングする必要があるのでファイルやプライマー・プレプライマー・ダストブラシなども必要です。

爪の長さ出しを行う前にネイルケアやサンディングの方法について詳しい内容を知りたい場合はこちらの記事をご覧ください。

セルフジェルネイル長持ちのコツ!ケアとジェルを塗る前のサンディング方法とは?

長さ出しはフォームを土台にして作るので爪の長さ・形は好みの長さ形に変えられます

爪の長さを出す際は自爪を短くカットしフォームを指しその上に爪を作ります。

なので、スカルプやジェルでの爪の長さ出しは希望の爪の長さ形を作り出すことができます。

フォームを自爪にはめるためにハサミで自爪の形に合わせカットする必要があります。

眉毛切りバサミでも代用できますがネイルフォーム用のはさみもあります。

これらネイル道具を購入するなら楽天・Yahooなどの通販サイトがおすすめです

実は楽天やヤフーなどの通販サイトではプロ用のネイル用品をセルフネイラーさんでも購入することができます。

なので、薬局やコスメコーナーで購入するよりもおすすめしたい商品が多くネイル用品を購入するなら通販サイトを利用した購入方法がおすすめです。

楽天Amazonなどの通販サイトを利用するならポイントサイト経由がお得です

ポイントサイトを経由し通販サイトを利用するだけでポイントサイトのポイントと通販サイトのポイントを一緒に貯めることができます。

しかも、ポイントサイトで貯めたポイントは日常生活でお金として使えるポイントです。

なので楽天やアマゾンなどの通販サイトを利用するならポイントサイトを経由しましょう。

ポイントサイトについて詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

知ってる?ポイ活!楽天・ヤフーの買い物をココで検索するだけでWでポイントが貯まる方法

ジェルとスカルプの違い・どちらを選ぶといいの?フローターとは?

ジェルの長さ出しはジェルを硬化しながら長さ出しをします

ジェルは樹脂なのでジェルを硬化する機械に指先を入れ塗布をしたら光に指先を当て固めながら爪の長さを出していきます。

爪の長さ出しに使用するジェルはハードタイプのジェルを使います。

ハードタイプのジェルは強度と艶のあるタイプのジェルです。

おすすめのメーカーや種類などジェルについて詳しい内容を知りたい場合はこちらの記事をご覧ください。

セルフジェルネイルにおすすめジェルメーカー!削らないベースやキットは市販されてる?

スカルプチュアは液体を筆に含ませ粉につけ爪の長さを出していきます

スカルプは粉と液体を混ぜ手順良く早く爪を作る必要があります。

なぜならスカルプは固まる速度が速いからです。

また、スカルプを作る液体は独特な匂いがするので換気を十分にしながら使いましょう。

リキットは少量タイプを購入するかボトルに詰め替え使いましょう。

また、筆と液体をなじませる際はダッペンディッシュに入れて使いましょう。

ダッペンディッシュは蓋つきのものがおすすめです。

実はスカルプチュアとジェルネイルではピンチの入り具合が異なります。

ピンチとは爪の長さかたちを縦長に美しく見せるために人口爪を作る際に行う工程のことを指します。

ピンチ棒を使い行う場合もありますがセルフでする場合はピンセットで挟んで行う場合もあります。

スカルプチュアで人口爪を作る場合はしっかりとピンチを入れますがジェルの場合はピンチが入っているように見せる場合が多いです。

自爪の形成を行いたい場合はスカルプでの長さ出しがおすすめです

スカルプチュアは自爪を薄く削りピンチを入りやすくします。

ジェルは自爪に負担をかけないようスカルプほどサンディングを強く行いません。

なので自爪の長さ形を補正したいと長さ出しを始める場合はスカルプチュアでの長さ出しがおすすめです。

フローターとは自爪の厚みを足すことを指します

爪の長さは自爪の長さのままで爪が割れやすい場合や弱いと感いる場合に爪の厚み足しを行います。

厚み足しに使うネイルの材料はスカルプ・ジェルに加えグルーがあります。

また、グルーとフィラーをつけると強度の強い爪になりやすいです。

自爪が割れている場合の補強としてグルーをつけるならシルクを貼ってからグルーをつけましょう。

爪の形に合わせカットし使います。

またグルーは固まるのに時間がかかるのでアクティベーターをつけ硬化速度を早めることができます。

 

短い爪に貼るチップの種類・爪の作り方・人口爪のオフ方法について

爪が短くフォームが刺さらない場合はチップを貼り長さを出します

爪の長さ出しをジェルで行うかスカルプで行うかどちらにしても自爪の長さが短くフォームがささらない場合はハーフチップを貼って対応します。

チップは自爪に合わせてサイズ選びをし、大きい場合はファイルで削ってぴったりのサイズに調節してから貼ります。

自爪とチップにフィット感をもたらすためチップにサンディングを行いましょう

チップへのサンディングは指で押してしなる程度のチップの厚みになるまで行うことが好ましいです。

ハーフチップにはピンクやブラックなど様々な色のバリエーションがあります

ハーフチップを貼るだけで簡単にフレンチネイルが作れるホワイトチップやカラー・デザインチップもあります。

チップの長さはチップカッターを使えば簡単に短くできます。

爪切りでカットしやすりがけをし短くすることもできます。

爪の長さをチップで出したらフローターのやり方と同じです

ハーフチップを貼り爪の長さを出したらあとはスカルプかジェルで爪の厚みを足しましょう。

もし、ハーフチップをホワイトやデザインのあるチップを貼ったなら使うアクリルはナチュラルではなくクリア(透明)タイプのものを選びましょう。

長さ出しや厚み出しを行ったあとはやすりで爪の表面の凹凸をなだらかにしジェルコートか爪を磨くかのどちらかの工程で仕上げましょう。

人口爪にマニアキュアを塗ったあとはノンアセトンリムーバーでオフしましょう

もし、長さ出しをした爪にマニキュアを塗りカラーだけをオフしたい場合は除光液を使わず「ノンアセトンリムーバー」を使用しましょう。

アセトンの含まれる除光液を使用すると長さ出しをした爪表面が溶けコットンが爪にくっついてしまいます。

除光液などネイルの液体類はメンダに入れ保管すると使いやすく便利です。

人口爪のオフはアセトンとメタルプッシャーを使いオフしましょう

ジェルやスカルプチュアをオフする際は爪の長さ(人口爪)を短くし爪表面をサンディングしてからアセトンに浸しオフします。

また1度浸したら取れるというものではなくヤスリを使って徐々に外していくものなのでマニキュアよりオフに時間がかかるものです。

なのでネイルマシーンがあるとセルフオフがスムーズに行えます。

人口爪のに必要なネイル用品について詳しい内容はこちらのブログをご覧ください。

ジェルオフに必要なセルフネイルの道具・おすすめのオフ剤・ファイルの紹介!やり方は?

人口爪のオフ方法についてはジェルオフのやり方についてをご覧ください。

セルフでジェルオフするやり方とは?時間・頻度は?面倒?簡単?ボロボロな爪は失敗?

私は長さ出しが必要?それともジェルを塗るだけで大丈夫?

爪の育成は初めから長さ出しする方法とジェルをして少しずつ伸ばす方法があります

自爪の短さを気にしている方の中にはすぐにでも長さ出しが必要な方とジェルネイルを続けていけば爪の長さが伸びていく方と2タイプの方がいらっしゃいます。

よほどの深爪でない限りはジェルネイルをしていれば爪の長さは伸びていくものです。

ですが自分がどちらのタイプか見極めたい場合はこちらのブログも合わせてお読みください。

短い爪で初めてのネイルサロン!ジェルネイルのやり方や値段は?長さ出しは必要?

セルフジェルを始めるには必要な道具と簡単な手順について知りましょう

ネイルサロン通いを続けると金銭的に高いと感じるのはごく自然なことです。

ネイルサロンでネイル施術を受ける自分に価値を見出す方は続けてサロンが良いをするのもいいでしょう。

ですが「なんだか勿体無い」と感じている場合はセルフでするジェルネイルをお勧めします。

こちらのブログではセルフジェルに必要な道具の紹介から塗る際のコツ・デザイン紹介をしていますのでこれからセルフジェルを始めたい方は是非読んでみてください。

ネイル初心者がセルフジェルするやり方は?簡単にデザイン・道具・手順・コツを紹介

爪を伸ばしたい綺麗に見せたい場合はネイルケアをしましょう

爪の形にコンプレックスがある場合や綺麗な指先に見せたいなら日頃から指先のケアをしましょう。

爪周りの乾燥を防ぐだけでもジェルのもちは長くなりますしぱっと見の印象も変わります。

ネイルオイルを塗布するといったケア方法だけでも健康な爪が生え美しい指先に見せることができます。

ただ1日に1度塗布するだけでは綺麗な状態を維持できません。

こちらのブログではオススメのネイルオイルの紹介とつける頻度などネイルオイルについて詳しい内容をお伝えしています。

ネイルケアにおすすめのネイルオイルは?ブランドメーカーやプレゼントに人気商品は?

まとめ

これまで書いてきた記事を読み、もし爪の長さ出しに必要なネイル道具を購入することができたならそれはとてもいいことです。

ですが、もしセルフジェルのやり方についてもっと詳しい内容が知りたいと感じるならこちらの「セルフジェル無料メール講座」への登録をおすすめします。

セルフネイル初心者でも失敗しないセルフジェルのやり方メール講座
このメール講座では気軽にセルフジェルが始められるよう100均のネイルアイテムを使ったセルフジェルのやり方を動画でご紹介しています。

なので、このメール講座を読むだけでラメを使ったセルフジェルの施し方〜セルフでするジェルオフ方法まで知ることができます。

この機会に登録をしどうぞセルフジェルに役立ててください。
セルフジェル無料メール講座

ライター紹介 ライター一覧

ネイルケアサロンハート

ネイルケアサロンハート

富山の閑静な住宅街に位置する隠れ家的ネイルサロン・ポーセラーツサロン「HEART」です。お客様にゆったりネイル施術を受けていただくために完全予約制を導入しております。また、大人の女性に人気のあるポーセラーツレッスンも定期的に開催しております。

関連記事

  • 割れた爪の対処方や白い点・黒い線など爪の症状の原因とは?内出血?水虫?何の病気?

  • ジェルファイルのおすすめは?ファイルの種類や使う順番・ジェルオフに人気のやすりは?

  • 爪切りを使った正しい爪の切り方とは?四角・ラウンド・きれいな形に見える長さとは?

  • 夏のフットネイルに人気のデザインは?単色・シンプル・シェル・セルフで簡単な色は?

  • ペディキュアとフットジェルの持ち・時間・値段とネイルサロンとセルフの違いを比較

  • セルフブライダルネイルの簡単なやり方・何日前に塗る?短い爪はチップ?デザインは?