1. TOP
  2. ネイルサロンについて
  3. 短い爪で初めてのネイルサロン!ジェルネイルのやり方や値段は?長さ出しは必要?

短い爪で初めてのネイルサロン!ジェルネイルのやり方や値段は?長さ出しは必要?

目次

爪が短いとネイルサロンへ行けない!?恥ずかしい?そんなことはありません

「こんな爪でも綺麗になりますか」と不安に思わなくても大丈夫なのです

指先にコンプレックスのある方やネイルサロンが初めての方は「ネイルサロンは爪の綺麗な人が行く場所」というイメージを持っている場合が多いです。

なので、ネイルサロン足を運んだことのない方に「こんな短い爪でも」「こんな汚い爪でも」「こんな弱い爪でも」ネイルできますか?と質問されることが多いです。

しかし、そのような心配をしなくても大丈夫なんです。

なぜなら、ネイルサロンでは爪の長さを「足す」「作る」「育成する」などして指先を美しく見せることができるからです。

また、爪に何も施さなくてもセルフネイルで十分美しい方はネイルサロンを利用しない方が多いです。

ですので、爪が短いから初めてだからといって不安に感じる必要はありません。

爪が短いと悩んでいる人ほどネイルサロンを利用しましょう

こんな爪ネイルサロンへ行っても大丈夫かしら・・・。」と爪の長さや形コンプレックスのある方ほどネイルサロンは利用すると良い場所です。

なぜなら、ネイリストは短い爪歪つな爪でも爪さえ付いていれば美しい爪に形を変えることができるからです。

こんな短い爪何をしても・・・。いう理由でネイルサロンを諦めている場合はネイリストを信じて扉を開いてみましょう。

爪が短くて人前に爪を出すことが恥ずかしい!ネイリストはそんなこと気にしていません

自分のコンプレックスを抱えている部分を人に晒すのは誰だって恥ずかしいと感じるものです。

ですが、ネイリストは「爪の短さ」や「形の悪さ」を気にしてなどいません。

それどころか、その人が美しくなって行く過程楽しんでいる場合多いのです。

ですので、どうぞ恥ずかしいと感じるままネイルサロンの扉を開いてください。

爪が伸びたら行こう」などと先延ばしにせずネイルサロンへ通いながら爪を育成して行きましょう。

ジェルをしているだけで綺麗な爪の形に変わっていく場合があります

自爪の長さ形が悪くてもそのままの爪の長さジェルネイルを楽しんでいるだけで爪の長さ形が美しい爪へと変わっていく場合があります。

爪の割れやすい方でもジェルネイルをし厚みのある爪を手に入れることができるので、爪が割れることなく伸ばせるようになるのです。

爪の長さがあると爪を丈夫にするハイポニチウムが育ちやすく、また爪の厚みがあると自爪は割れにくくなり、その結果Cカーブがつきやすくなるのでジェルネイルしているだけで自然と綺麗な爪になる条件揃っていきます。

爪の形が元から綺麗な人は真正面から爪を見る爪がアーチしている場合や爪下にあるハイポニチウムしっかりとついている場合が多いのです。

3〜6ヶ月ほど続けてジェルをしても爪に変化がなければ長さ出しをしましょう

爪が短い気にしている方でも2〜3回のジェル塗布自然な形の爪に見せることができる人もいますし、深爪や噛みグセのある場合は爪を育成することから始めなければなりません。

爪の長さ形などのコンプレックスは人によりそれぞれ違いがありますので、まずネイルサロンへ足を運びネイリストに相談してみましょう。

自爪の長さが短く育成することが難しい場合は、爪の長さを足し人工的に爪を作ることもできます。

ですが、爪の長さ出しはフローター(自爪の長さにジェルやスカルプをのせること)に比べて値段が高く施術時間も長いので、まず自爪の長さにジェル塗布をし爪の長さ形の変化を見ることをおすすめします。

もし、3〜6ヶ月ほどジェル塗布を続けても爪が小さくいびつな形のままであれば、爪の長さ出しをする必要があるでしょう。

スカルプとジェルの爪の長さ出しのやり方・爪の作り方の違いとは?

ネイルサロンではスカルプやジェルを使い爪の長さ出しをすることができます

自爪に長さ出しをする際はジェルもしくはスカルプチュア長さ出しをします。

長さ出しをする場合は美しい爪に見えるようCカーブをつけますので、長さ出しの施術を続けることにより自爪のカーブやハイポニチウムが変化する場合があります。

ですので、ジェル塗布で爪の形の変化が見受けられなかった場合はこちらの長さ出しをおすすめします。

スカルプチュアとジェルの長さ出しをする際の違いは材料と作る際の工程です

爪のアーチをつけたい場合はジェルよりスカルプでの長さ出しがおすすめです。

なぜなら、スカルプチュアはピンチが入るよう爪を薄くなるまで削るのでピンチ癖が自爪につきやすいからです。

ジェルの長さ出しは自爪の負担は軽くなりますが、爪のアーチはスカルプチュアほどつきません。

どちらだからダメ良いというわけではありません長さ出しをした後にジェルでデザインをする場合はあまり気にする必要はありません。

もし、より詳しいジェルとスカルプチュアの長さ出しの違いについて知りたい場合は以下のリンクをご覧ください。

長さ出しとは?スカルプとジェルの違いとは?チップの種類は?時間や値段を比較

スカルプとジェルのどちらで長さ出しをするかはそのネイリストにより異なります

その担当するネイリストいつ頃からネイリストになったのかという違い長さ出しをする際のネイル材料が異なる場合が多いです。

ジェルネイル専門店ではジェルを使い長さ出しをするでしょうし、スカルプチュアを多く施術してきたネイリストの場合は得意な材料を用いて長さ出しをするでしょう。

爪の形が小さくフォームすら入らない場合はチップを貼って爪を作ります

爪の長さが短く爪を作る際の土台(フォーム)が爪に入らない場合以下の画像のようにハーフチップを貼り人工爪を作る場合があります。

この作業をチップオーバーレイと言います。

自爪にチップを貼りその上にジェルやスカルプチュアで厚みを出しますが、チップのサイズも1〜10番まで様々なサイズがありどなたでも対応できるようになっています。

ネイルサロンではジェルやアートをせず「爪の長さ出しのみ」をすることもできます

自爪の長さ形を美しく見せたいだけで、ネイルカラーやデザインを希望しない場合は爪の長さ出しのみネイルサロンで受けることができます。

その場合、ジェルで長さ出しをするかスカルプで長さ出しをした後のコートをジェルにすることをおすすめします。

そうすることで、施術時間を短くすることができますより艶やかな美しい指先に見せることができます。

長さ出しにかかる値段は1本単位でメニューに記載されている場合が多いです

自爪が1本だけ折れたあるいは割れた場合も長さ出しを希望されることがありますので、ネイルサロンのメニューには1本単位で価格が表記されている場合が多いです。

長さ出しジェルネイルカラーにかかる料金と時間以下の表まとめてみましのでご覧ください

時間(10本) 値段(1本)
長さ出し 1時間30〜2時間 ¥1,000〜1,500
ジェルネイル(カラー1色塗り) 1時間〜1時間15分 ¥500〜1,000

表を見てわかるように爪の長さ出しは10本の場合1時間30〜2時間ほどかかります。

これにジェルネイルの施術も受けるとなると「時間が長い・・・。」と感じることでしょう。

ですので、もし、そう感じる場合は爪の土台が出来上がるまで長さ出しのみを楽しんでも良いでしょう。

その後、ある程度の自爪の長さ形が整ってきたら徐々にジェルネイルを自爪に塗布するように移行していくことができます。

初めてのネイルサロンは基本的な流れやメニューがわからなくて当然です

英語表記が多いネイルサロンのメニュー表を見て意味がわからなくて当然です

初めてのネイルサロンに、初めてのジェルネイル、その際にネイルサロンのメニュー表を見て意味がわからない感じて当然なのです。

なぜなら、ネイルサロンのメニュー表は料金と専門用語が英語表記で並んでいる場合が多くネイルサロンが初めての方が見て意味のわかりにくいメニューになっている場合が多いからです。

ですので、私だけわからないの?と心配されなくても大丈夫なんです。

基本的なネイルサロンの流れや手順を知りましょう

初めてネイルサロンに行った場合は、基本的に以下の3つのステップで施術に取り掛かります。

  1. カルテの記入(住所・氏名などの個人情報の記入をします)
  2. カウンセリング(ネイル施術やデザインの希望を伺います)
  3. ネイル施術(実際に希望したネイルの施術)

なお、選ぶメニューによっては2番のカウンセリングが必要ない場合もあります。

ネイルサロンでの色やデザインの伝え方・決め方は3つあります

一般的なネイルサロンで、色やデザインの希望をネイリストに伝える方法は、大きく分けて以下の3通りの方法があります。

  • アート見本(ネイルチップのサンプル)
  • 色見本(色だけのサンプル)
  • 写真や画像を自分で持ち込む(雑誌など)

これら3つの方法を使って、施術の前にネイリストに自分の希望を伝えるのが一般的な方法ですが、それでも決まらない場合は施術を進めながら決められるネイルサロンもあります。

もし、初めてのネイルサロンについての情報をより多く知りたい場合は以下のリンクをご覧ください。

初めてのネイルサロンの流れのまとめ。メニュー・値段・時間・デザイン・施術の違い

初めてのジェルネイル手順や流れは?人気のデザインやジェルオフの種類とは?

ジェルネイルのメニューを予約した場合の簡単な手順や流れを説明します

ジェルネイルは色を塗りライトに手を入れ光に当てるとジェルが固まりますので、やっぱり「その色変えて」は通用しません。

ですので、ネイル施術に入る前のカウンセリング時に「いかに自分の希望を伝えることができるか?」が大切になってきます。

ジェルネイルが初めての方にもわかりやすいようジェルメニューを受ける際の簡単な流れを以下の7つに分けてみました。

  1. カウンセリング
  2. 手指用毒
  3. 爪の長さ形を整えるやすりがけ
  4. ベースジェル塗布
  5. カラージェル塗布2回
  6. アート・デザイン
  7. トップジェル塗布

このような手順でジェルネイル施術を進めていきます。

カウンセリング時にネイルアートやデザインを決めておくことが大切ですが、伝えきれなかった場合は1〜4までには担当のネイリストに伝えましょう。

また、ネイリストによってデザインを施す前や固める前などに「このような感じで良いでしょうか」とお伺いを立ててから光に当てる人もいますので、その担当のネイリストの受け答えをしていたら大丈夫という場合もあります。

ですが、初めてのネイルサロンに初めてのジェル場合だと不安に感じる部分が多いと思うので施術中になんでも聞いて見ましょう。

もし、自分が希望するネイルデザインの種類や名前について知りたい場合は以下のリンクをご覧ください。

秋冬に人気のデザインとは?ネイルアート・デザイン・名前や種類について紹介します

初めてのジェルネイルに人気のあるデザインは根元が透明のオフィススタイルである場合が多いです

ジェルネイルはマニキュアのように除光液で拭き取ってもオフできませんが、その分マニキュアに比べてネイルの持ちはとても良いです。

施術をしてから手の場合だと大体3〜4週間程そのデザインを楽しむことができます。

ですので、爪が伸びてきた際に自爪とジェルネイルの境目がわかりにくく自然に見える根元が透明なデザインは初めてジェルネイルをする方に人気のあるデザインです。

ジェルネイルを付け替えるタイミングは人により個人差があります

初めてジェルネイルをしたら「オフする時はどうしたら良いのか」と不安になるものです。

ジェルネイルはセルフでオフできない訳ではありませんネイルサロンへ行ってオフをすることをお勧めします。

ネイル施術を受けたサロンジェルオフをし新しいネイルデザインを塗布することを「付け替えオフ」と言います。

ネイルサロンによってはこの付け替えオフに期限がついていたり無料で提供しているサロンもあります。

ジェルオフといっても「付け替えオフ」「オフのみ」「他店オフ」などオフの呼び名や料金が異なる場合が多いので、ジェルネイルが初めての方がメニューを見て意味がわからない感じて当然なのです。

また、ジェルはオフする以外にもデザインをそのままで爪の長さなどをお直しすることもできます。

もし、ジェルネイルオフの種類やフィルインについてより詳しい情報を知りたい場合は以下のリンクをご覧ください。

人気はグラデーション?ジェルネイルをオフするタイミングや時間・方法・やり方とは?

初めてのネイルサロンは足元からデビューしようと思い始めた方はこちらをご覧ください

初めてのネイルサロンやジェルメニューを受けたいとこの記事を読んできたけれど、やっぱり短い爪を初めて会うネイリストに見られるのは恥ずかしいと感じる場合はまずはフットのネイルから始めてみましょう。

足元のネイルの場合はペディキュアかジェルネイルにしようか悩むことが多いと思いますので以下のリンクをご用意しました。

もし、フットジェルとペディキュアについての詳しい内容や比較を知りたい場合は以下のリンクをご覧ください。

ペディキュアとフットジェルの持ち・時間・値段の違いを比較

初めてのジェルネイルをどのサロンへ行こうか悩んでいる人はこちらをご覧下さい

初めてのネイルサロン初めてのジェルネイルの場合、どのサロンを選んでも緊張するものです。

聞いたことがある安心感から大手サロンを選びがちですが1対1での落ち着いた雰囲気を好む場合は大手サロンも良いですが個人サロンをお勧めします。

もし、富山でネイルサロンを探している方は以下のリンクをご覧ください。

富山のネイルサロンでオススメ!口コミでジェルが人気な当店のメニュー・料金・予約

とりあえずネイルサロンへ行ってみましょう!

思い描いたことが起きるかどうかはやってみないとわかりません。

汚いって思われるかも・・・。そんなことを不安に感じていても何も始まりません。

仮に思われたとしても何も問題は起きませんし「あなたの爪汚いですね」なんてこともネイリストは言いません。

そんな風に爪の小さいことを気にして過ごすより日々をより明るい気持ちで過ごす方が大切です。

ですので、とりあえずネイルサロンへ行ってみましょう!

まとめ

これまで書いてきたように、爪の短さ形の悪さはネイルサロンへ行くことで美しい指先に見せることができます。

「汚いって思われたらどうしよう・・・。」などとコンプレックスのある部分を人に見られたくない行かない選択肢を選んでいるとしたらそれはとても勿体無いことです。

「汚いって思われても良いどうせ綺麗になるんだから」と綺麗になれる可能性を信じてネイルサロンの扉を開けてみましょう!

ネイルサロンへ行くだけでコンプレックスは「楽しい経験」へと変わります。

ですが、今まで自分とは無縁の場所と思い込んでいたネイルサロン。

どのサロンへ行ったら良いかなんてわかりませんよね。

無料メール講座を読み不安や悩みをなくし気軽にネイルサロンへ行きませんか?

ネイルサロンへ行こうとネット検索し幾つかのサロン比較したところで「比較すべきポイント」を知らなければ「より良いネイルサロン選び」は出来ません

「行ってみたらダメだった・・・。」そのような経験はもう終わりにしませんか?

より良いネイルサロンへ行くために無料メール講座「もうネイルサロン選びに失敗しないためのメール講座」の登録をオススメします。


初めてネイルサロンに行く方のメール講座

ライター紹介 ライター一覧

ネイルケアサロンハート

ネイルケアサロンハート

富山の閑静な住宅街に位置する隠れ家的ネイルサロン・ポーセラーツサロン「HEART」です。お客様にゆったりネイル施術を受けていただくために完全予約制を導入しております。また、大人の女性に人気のあるポーセラーツレッスンも定期的に開催しております。

関連記事

  • 秋冬に人気のデザインとは?ネイルアート・デザイン・名前や種類について紹介します

  • いつする?ブライダルネイルで人気のデザインやチップは?お呼ばれネイルはシンプル?

  • ジェルネイルとは?ライトで日焼けする?やり方は?付け替えオフやリフトの意味とは?

  • 初めてのネイルサロンの流れのまとめ。メニュー・値段・時間・デザイン・施術の違い

  • 長さ出しとは?スカルプとジェルの違いとは?チップの種類は?時間や値段を比較

  • 割れた爪の対処方や白い点・黒い線など爪の症状の原因とは?内出血?水虫?何の病気?