1. TOP
  2. 未分類
  3. 秋冬に人気のデザインとは?ネイルアート・デザイン・名前や種類について紹介します

秋冬に人気のデザインとは?ネイルアート・デザイン・名前や種類について紹介します

目次

基本的なネイルのデザインとは?ジェルやマニキュアの「アート」の違いについて

ネイルデザインの基本は「透明1色」「カラー1色」のどちらかを選ぶ事から始まります

ネイルケアや色を塗るだけでなく手足の爪に「ジェルネイル」「マニキュア」どちらかで「ネイルアート」や「デザイン」を施したい場合はベースの色を以下の2つから選ぶ必要があります。

  1. 爪の根元から無色透明を塗るベース
  2. 爪の根元からカラーを1色塗るベース

以下の写真は「クリアベース」と「カラーベース」の見本写真です。

左が「クリア」ベース右が「カラー」ベースの写真です。

 

これらを元にデザインを作っていきます。

マニキュアが主流の頃は統一感あるネイルのデザインが流行りでした

マニキュアやスカルプの流行期は爪に「色を塗る」「デザインをする」「アートをする」ことの線引きが簡単にできました。

なぜなら、爪にカラーやデザインを施す場合は「マニキュア」を使いアートをする場合は「アクリル絵の具」使用マニキュアとデザイン、アートの線引きが「使うもの」で分類するコトができたので統一感あるデザインが流行っていました。

ジェルネイルの流行りでネイルのデザインや種類が豊富になりました

ジェルネイルが流行しネイルアートやデザインバリエーションが広がりました。

なぜなら、ジェルネイルはアクリル絵の具が無くてもジェルカラーアートをするコトが出来るからです。

しかも、ジェルの施術行程は1層ずつジェルを塗り光に当てジェルを固めながら進めていきます

そうすると、筆圧を変え色濃淡を付けたり絵柄を層で重ねることも出来るのでマニキュアに比べアートの種類が多いのです。

ベースカラーやデザインを指で変えるネイルのデザインも流行っています

ジェルネイルはアート」「デザイン」「」の全てをジェルネイルを使って表現する事ができます。

ですので、線引きする事が難しくジェルネイルはまとめて「ネイルデザイン」と呼ばれることが多いです。

また、ベースを「クリア」か「カラー」のどちらかではなく指違いでベースカラーやデザインを変えるネイルデザインも流行っています。

ジェルネイルのデザインや施術例はこちらのインスタグラムをご覧ください

指違いのデザインやカラーが流行っていると聞いてもイメージは湧きにくいものです。

ですので、もし、よろしければジェルネイルのネイルデザインをより多く見たい方はこちらのイスタグラムをご覧ください。

ジェルネイルデザイン施術例が多くのっています。

 

ネイルデザインの種類・名前・アートの特徴を表にしてまとめました

ジェルネイルの流行でネイルデザインやアートのレパートリーが増えました。

同じフレンチネイルといっても様々な種類があります。

ですので、以下の表にジェルネイルのデザインの種類やアートをまとめてみましたのでご覧ください。

全面 先端 グラデーション フレンチ アート
Table クリア カラー カラーグラデ フレンチ 描く
Table カラー ラメ ラメグラデ カラーとフレンチ シール
Table グリッター カラーラメ グラデーションとカラー1色 逆フレンチ 石を置く
Table マーブル ラメホロ 3Dをのせる
Table ホログラム Table 変形フレンチ Table
Table Table Table Table Table

 

ネイルアートの種類や使う材料の違いとは?写真を添えて素材の特徴を説明します

ネイルアートに使う材料はラメやホログラム・ストーンなど多く種類があります

ネイルアートを施す際に使用する材料は多くありますが爪の上に乗せるアートパーツは大きく分けて以下の3通りあります。

  • ラメ
  • ホログラム
  • ストーン

では写真を使ってこれらの材料を紹介していきます。

左の写真をご覧ください。

こちらはネイルアートに使用するラメです。

ラメグラデーションや爪先端にラメを施す際に使用します。

また、ぎっしりと爪に埋め込むことでグリッターと表現する場合もありますし、フレンチネイルのスマイルラインにラメラインを引くアートもあります。

次に、紹介するのはネイルアートに使用するホログラムです。

ベースジェルとカラーの間にホログラムを乗せネイルアートをする場合が多いです。

またラメをぎっしりに埋め込んだグリッターの上に重ね置きをすることでより輝きを増すことが出来ます。

 

最後に紹介するのはストーンです。

ネイルアートのパーツとして星やハートなどの形をしたパーツもあれば輝きが美しいスワロフスキーもあります。

ストーンは主にカラーを塗った後やデザインを施した爪の上に置きます。

施すことで、より輝きを持たせる事が出来ます。

アートを描く場合カラージェルかアクリル絵の具を用いて描きます

ジェルネイルかマニキュアで色を塗るかの違いによって柄を描く材料に違いがあります。

なぜなら、ジェルネイルとマニキュアでは施術工程に違いがあるからです。

ジェルネイルは爪の上に樹脂を塗るのでライトを当てながら1層ずつ固め施術を進めていきます。

ですので、ベースの色を塗る際と同じカラージェルを用いて花や柄をペイントする場合が多いのです。

一方、マニキュアは施術を終えた後に乾かす必要があるのでアートをする場合、アクリル絵の具を使う必要があります。

上手に描けない場合は花や柄のシールを貼ってアートを簡単にすることもできます

ネイルサロンでは施術時間を短縮するためにをシールを使用する場合があります。

また、セルフでネイルをする方が簡単にネイルアートをするツールとして「シール」はとっても便利なのです。

また、セルフで出来る簡単なネイルアートやシンプルなデザインを詳しくご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらのリンクをご覧ください。

セルフネイルで簡単に出来るシンプルなアートやデザインの種類は?ジェルで出来る?

ラインを引く場合カラージェルかアクリル絵の具ラメを用いてラインを引きます

ラメやカラージェル・アクリル絵の具を用いてアートをする場合があります。

特にフレンチネイルをする際はベースカラーとフレンチのスマイルラインの間に「ラメライン」を引く場合が多いのです。

またカラージェルやアクリル絵の具でラインを引き「ネイルアート」をする場合もあります。

 

秋冬にオススメなジェルネイルのデザインは?シンプルなピンク?

秋から冬にかけて人気のあるアートは季節感のあるデザインです

ネイルアートを楽しむ女性の多くは季節によってファッションも楽しんでいる方が多くネイルはトレンドの一部となっています。

ですので、季節感を感じるネイルアートをポイントでするという方が多いのです。

また、その年の流行色があり、バッグや靴など小物でオシャレをいち早く取り入れる感覚で、いち早くネイルアートにトレンドを取り入れる場合もあります。

秋冬はツイード柄やタータンチェック・雪の結晶などが人気です

もはや、定番アートと言っても良い秋冬のネイルアートはツイード柄やタータンチェック柄です。

色やデザインを少し変えるだけで多くのレパートリーが楽しめ温かみのあるデザインが寒い冬に人気です。

また、冬でなければ楽しめない「雪の結晶」をポイントに使ったアートも人気です。

冬は白や淡いピンクにラメやホロを使用しふわふわした印象アートもおすすめです

寒い冬の「雪」をイメージしてホワイトや淡いピンクをオーロラやホログラムを用いてアートをする事もおすすめです。

このデザインは根元を全て透明にしたい方にも楽しんでいただける冬のデザインです。

また、ふわふわと柔らかな印象を与えてくれるのでシンプルで可愛らしいデザインがお好きな方に好まれるデザインです。

花嫁にオススメなネイルアートやデザインは?結婚式のお呼ばれや親族のネイルは?

花嫁に人気のデザインやアートはホワイトフレンンチとレース柄やバラです

純白ドレスと白のフレンチネイルは女性の憧れとも言える組み合わせなので、一生に一度の結婚式に選ぶ女性が多いです。

ブライダルネイルのアート人気一番は「花」ですが、シンプルなデザインが好みの方はストーンアートのみで美しさを表現される方もいます。

ですが、中にはカラードレスのことも考えネイルの色を選ぶ方もいます。

カラーはサムシングブルーやピンク系・ナチュラルヌーディーが人気です

どのドレスにも映えるようカラー人気は淡いお色味です。
お色直しでカラードレスも着ますのでナチュラルなカラーを選ぶ方が多いです。
ヌーディーカラーにフレンチネイルとバラのアートが王道です。

身内・親族女性がネイルをするのはマナー違反ですが「何もしない」のもNGです 

親族女性として出席する場合のネイルはマナー違反ですが、だからと言って何もしない乾燥した指先が良いというわけではありません。

ネイルケア程度がもてなす側としてベストですが、もし爪に色を塗りたい場合は淡いピンククリアベージュといった目立たない色を塗ると良いでしょう。

しかし、ストーンやアートなどをせず、「清潔感」を演出させるよう心がけましょう。

結婚式のお呼ばれネイルは派手でない「単色」のネイルがおすすめです

結婚式は平服でお越しくださいと略礼装が基本ですが、ドレスアップをしっかりとしていきます。

ですので、手元だけ何もしないのは今の時代失礼に当たります。

しかし、主役は花嫁ですので花嫁より目立つネイルをしては恥をかいてしまいますので、清潔感を感じる大人のマナーとしてネイルをするよう心がけましょう。

結婚式の参列者におすすめは単色塗りやグラデーションなど上品で落ち着いたカラーがおすすめです。

また、ダークカラーは避けましょう。

初めてネイルサロンへ行く方にオススメのネイルデザインは?

手か足か塗る場所や生活環境の違いでオススメする色やデザインに違いがあります

お仕事やライフスタイルなど人によって違いがありますのでネイリストはカウンセリングを通してその人に似合うネイルをご提案します。

また、生活環境だけでなく手や足などカラーを塗る場の違いでオススメする色が違ってきます。

指先はナチュラルに自然に見える色足先は暖色系の濃いめの色が好まれます

今まで指先に何もしていなかった方が急に濃い色やデザインを施すと周りの目が気になりネイルを落としたくなる可能性があります。

気にする必要がない所に気を取られネイルを楽しめないなんてもったいないので、今まで自分でマニキュアを塗ったことがない方は自然に見えるピンクやヌーディーベージュ系の色を選ぶと良いでしょう。

足先は自分でマニキュアを塗った事がある人が多くネイルサロンが初めての方でも赤やピンクなど割と濃いめの色を好む場合が多いのです。

自分が希望する色やデザインの頼み方がわからなくても大丈夫です

ネイルサロンが初めての方にとっては、自分の希望する色やデザインの頼み方が分からない場合があります。

ですが、これは初めての方であれば必ず起こるコトなので、心配しなくても大丈夫です。

そこで、一般的なネイルサロンでの色やデザインの頼み方について以下にのリンクで詳しく説明していますのでご覧ください。

初めてのネイルサロンの流れのまとめ。メニュー・値段・時間・デザイン・施術の違い

当サロンはネイルサロンが初めての方でもネイルを初めやすい富山のサロンです

当サロンは富山県富山市の閑静な住宅街にあるネイルサロンです。

また、ネイルサロンが通いが初めての方に向いているネイルサロンです。

なぜなら、当サロンのメニューは全部で3つしかありません。

ですので、ネイルサロンが初めての方でも希望するメニューを迷うことなくネイルを始めることができます。

「いったい他のサロンと何が違うのか」「どういうメニュー内容なのか」と興味を持った方はこちらのリンクをご覧ください。

富山のネイルサロンでオススメ!口コミでジェルが人気な当店のメニュー・料金・予約

まとめ

これまで書いてきたように、ネイルデザインやアートには多くの種類があります。

また、この記事では基本的なネイルアートやデザインをご紹介ましたが、デザインの組み合わせを変えるともっと多くのネイルデザインを作り出す事ができるでしょう。

この記事をよく読み希望するデザインを知りネイルサロンに通うコトができたら、それはとっても素晴らしいコトです。

しかし、ネット検索し幾つかのサロン比較したところで「比較すべきポイント」を知らなければ「より良いネイルサロン選び」は出来ません

もしも、ネイルサロン選びのコツについての情報が欲しいと感じる場合は、こちらの30日の無料メール講座「もうネイルサロン選びで失敗しないためのメール講座」の登録をオススメします。

サロン選びのポイントを知り失敗しないサロン選びをしてネイルサロンへと行けることでしょう。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ネイルケアサロンハート|富山の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ネイルケアサロンハート|富山の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ネイルケアサロンハート

ネイルケアサロンハート

富山の閑静な住宅街に位置する隠れ家的ネイルサロン「HEART」です。お客様にゆったり施術を受けていただくために完全予約制を導入しております。

関連記事

  • 富山のネイルサロンでオススメ!口コミでジェルが人気な当店のメニュー・料金・予約

  • 手足は同じ色?違う色?ペディキュアとマニキュアの違いやオススメの組み合わせとは?

  • ペディキュアとフットジェルの持ち・時間・値段の違いを比較

  • セルフネイルで簡単に出来るシンプルなアートやデザインの種類は?ジェルで出来る?

  • セルフネイルのオススメキットやライトとは?自分でジェルオフするやり方は?

  • 爪切りを使った正しい爪の切り方とは?四角・ラウンド・きれいな形に見える長さとは?