1. TOP
  2. フットについて
  3. ペディキュアとフットジェルの持ち・時間・値段の違いを比較

ペディキュアとフットジェルの持ち・時間・値段の違いを比較

目次

マニキュアとペデキュアの違いとは?簡単でもサロンで色を落とすと料金が発生する?

マニキュアを足の爪に塗るコトをペディキュアと言います

マニキュアは爪に塗るエナメル塗料のコトを言いますが専門用語ではありませんのでネイルサロンでは使用しません。

ネイルサロンではマニキュアのコトを「ポリッシュ」や「ネイルポリッシュ」と言います。

そして爪にマニキュアを塗るコトを「ネイルカラー」や「カラーリング」と言います。

メニュー表ではこの行為を指している場合もあれば物を指している場合もあります。

このように、ネイルサロンのメニュー表は専門用語が並んでいる場合が多く「ペディキュア」とは何か?疑問に感じる方が多くいることでしょう。

しかし、専門用語などを使用せず誰でもわかりやすいように説明をしますと「ペディキュア」とは足の爪に「マニキュア」を塗るコトです。

ペディキュアとマニキュアの違いは手か足に塗るのかと言う場所の違いだけです

ペディキュアとマニキュアの違いについて検索をしている方が多いように感じますが違いはマニキュアをどこの爪に塗るのかという場所の違いです。

手の爪に塗る場合は「マニキュア」足の爪に塗る場合は「ペデキュア」です。

ネイルサロンではマニキュアもペディキュアも「ネイルカラー」と言う場合が多いので予約をする際は「手にしたいのか足にしたいのか?ケアが必要かどうか?」が明白であればペディキュアを知らなくても何も問題ではありません。

より詳しい「ペディキュア」と「マニキュア」の違いについてはこちらのリンクをご覧ください。

手足は同じ色?違う色?ペディキュアとマニキュアの違いやオススメの組み合わせとは?

マニキュアをネイルサロンで落としてもらうとオフ代が発生します

除光液簡単に落とせるからとマニキュアを付けたままの状態ネイルサロンへ行くとマニキュアを落としてもらえますがタダではありません。

これを知らずにそのままの状態で行ってしまう方が多くいます。

ですので、ネイルサロンへ行く前に自分で塗ったマニキュアをオフしてからサロンへ行くと良いでしょう。

そして、この「マニキュア」や「ペディキュア」のオフメニュー表では「カラーオフ」や「ポリッシュオフ」と記載されている場合が多いです。

また、ネイルサロンでは足にマニキュアを塗るだけでなくフットケアのメニューも充実していますので自分が何を希望するのか明白にしておきましょう。

フットケアは大きく分けて3種類です。ジェルかマニキュアでケア方法に違いがある?

フットケアは足湯に「つけるケア方法」と「つけないケア方法」があります

フットケアは大きく分けると以下の3通りに分けるコトができます。

  1. 足湯につけず「爪の長さ形」「甘皮周り」を整える
  2. 足湯につけ「爪の長さ形」「甘皮周り」を整える
  3. 足湯につけ「爪の長さ形」「甘皮周り」を整え「角質除去」も行う

足湯につけず「爪の長さ形」「甘皮周り」を整えるケア方法「ドライケア」と言います。

ジェルネイルの場合①〜③のケア方法から選びます。

マニキュアの場合②か③のケア方法から選びます。

ジェルネイルで色を塗る場合は足湯につけないドライケアを選ぶことが多いです

足湯につけず「爪の長さ形」「甘皮周り」を整えるケア方法を「ドライケア」と言いジェルネイルをする際に選ぶケア方法になります。

「なぜジェルネイルだけお湯につけないケア方法があるのか」と言いますと実はジェルネイルって水に弱いのです。

長時間手や足をお湯につけ置きをすると自爪って柔らかくふやけてしまいます。

すると、どこかに爪をぶつけた衝撃ジェルが取れてしまう場合があります。

その為、ジェル施術をする前にお湯に手や足をつけ置きしないケア方法「ドライケア」があるのです。

乾燥やササクレがひどい場合はジェルネイルでも足湯につけるケアが必要です

ジェルネイルの施術を受ける場合は「ドライケア」がオススメですが、乾燥やササクレがひどい場合は足湯につけるネイルケア方法がオススメです。

なぜなら、爪周りの乾燥がひどいとジェルネイルが浮く原因になります。

ですので、その場合甘皮周りを整えてからジェルネイルを塗布する方がジェルネイルを長く楽しめます。

角質除去を「する」か「しない」かで選ぶケア方法が変わります

足湯につけるケア方法はを選ぶ場合②③に該当しますが、その違いは角質除去をするかしないかの違いです。

角質除去とは、かかとの乾燥をマシーンやビューティーフットを使って削り取ることを指します。

サロンによっては角質除去後にオイルトリートメントやマッサージ行ってくれるサロンもあるので事前に調べてからネイルサロンを選びましょう。

夏に向けて自宅でフットケアをしましょう

夏にサンダルを履く女性が多いのですが、だからと言って夏からフットケアを始めていては遅いのです。

ですので日々の自宅メンテナンスが重要になってきます。

以下のリンクで自宅でできるセルフケア方法をご紹介していますのでぜひ参考にしてください。

単色の赤を簡単に塗るセルフペディキュアのコツと夏に出来るフットケアのやり方

ネイルサロンでペディキュア施術を受ける時の注意点はこちらです

施術後爪表面が乾くまでそのままの状態で5〜10分待ちます

ネイルサロンで足元にマニキュアを塗った後爪表面のマニキュアが乾くまで5分〜10分程セパレーターを挟んだ状態で待ちます。

セパレーターとは指と指がくっつかないように指の間に挟む道具です。

これは、爪表面が乾いていない状態サンダルに履き替えるとせっかく綺麗に塗ったマニキュアがヨレてしまう理由からです。

ですので、爪表面が乾くまでその状態で待ちますが爪表面が乾いた際はマニキュアとサンダルがぶつからないよう持参したサンダルに履き替えをする必要があります。

爪表面が乾いたら持参したサンダルに履き替えをします

爪表面の乾きはネイリストが軽くネイルを触って爪表面が乾いたかどうかを確認をします。

そして、確認が取れたらサンダルに履き替えます。

この際にマニキュアとサンダルがぶつからないようにネイリストもサンダルを履くお手伝いをします。

ペディキュア施術を受ける場合は足先の出るサンダルを持参しましょう

施術を終え爪表面のマニキュアが乾いたら持参したサンダルに履き替える必要があります。

ですが、わざわざサンダルを持参して行っても指先が3本ほどしか出ないオシャレなサンダルやミュールだと薬指や小指の爪が履物に当たるので自宅に帰るまでの間にマニキュアはヨレて固まってしまいます。

サランラップを巻き対処するという方法もありますが、それでも「マニキュアと靴が当たりネイルがヨレてしまう」とネイリストが判断した場合は指先の出る簡易的なサンダルの購入をオススメされます。

ですので事前に履き替えやすいサンダルを持参していきましょう。

サロンを出てから1時間程マニキュアが乾くまで気をつけましょう

ペディキュアの施術後5〜10分程待てば爪表面が乾き持参したサンダルに履き替えることができるので後は自由です。

しかし、マニキュアは中まで乾くのに時間がかかりますのでペディキュアをぶつけないように自分自身で気をつけなければなりません。

すっかりカラーを塗ったことを忘れ膝を組みテーブルにマニキュアをぶつけると、かけたお金も時間も全てが無駄になってしまいますので気をつけましょう。

カラーがヨレる心配のある方は施術後すぐに靴が履けるジェルネイルがオススメです

ネイルサロンでフットのケアとカラー施術を受けて素足のサンダルで帰ることが恥ずかしいと感じる方やすぐにおしゃれなミュールを履きたい方にはジェルネイルがオススメです。

なぜなら、ジェルネイルは樹脂を爪表面に塗りライトで固めていますので未硬化ジェルを最後に拭き取ると施術後ネイルは既に乾いています。

ですのでストッキングもミュールもネイル施術を終えるとすぐに履くことができるのです。

カラーをぶつける心配もなく快適に時間を過ごすことが出来るのです。

ペディキュアよりフットのジェルネイルが人気な理由とは?

ストッキングやタイツ・靴などが施術後すぐに履けます

ペディキュアの施術をネイルサロンで受けた後はマニキュアが乾くまで素足ビーチサンダルで歩く必要がありますが、ジェルネイルの場合は施術後すぐ靴やストッキングを履くことができます。

なぜなら、ジェルネイルは爪の上に樹脂をコートしており未硬化ジェルを拭き取り終えるとすぐに固まるからです。

ですので、靴下やタイツを施術後に履いても爪に塗ったカラーがヨレる心配がないので人気なのです。

マニキュアに比べてネイルアートのレパートリーが豊富です

ジェルネイルはマニキュアとは違い繊細なアートを爪表面に描いていくことが可能です。

なぜなら、ジェルネイルはライトを用いて1層ずつ固めていくのでペイントの厚を変えることにより同じ色でも濃淡を付けることができるからです。

また、ストーンやビジューをのせてもジェルでコートするのでマニキュアに比べてアートパーツが取れにくいコトも人気の理由の一つです。

そのためアートのバリエーションがマニキュアに比べてジェルネイルは多いのです。

「どのようなアートバリエーションがあるのか」ジェルのデザインやアートの種類を詳しく知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

秋冬に人気のデザインとは?ネイルアート・デザイン・名前や種類について紹介します

マニキュアでは表現できない爪表面のツヤが持続します

ペディキュアは自分で除光液でオフするコトができますが、その反面小さな衝撃でカラーが剥がれやすいのです。

ジェルネイルは自分でオフするコトは難しいですが施術後にカラーがヨレる心配がなく艶やかなままの状態で爪が伸びていくのでとても人気です。

爪表面のツヤはジェルに勝るものはありません。

マニキュアと違いビジューやパーツも取れる心配がなくネイルが長持ちします

ジェルネイルはマニキュアに比べるとビジューやアートのパーツを樹脂でコートするのでちょっとした衝撃で取れる心配がありません。

しかも、マニキュアよりもネイルの持ちが良いコトもジェルネイルが人気の理由です。

自分にお金をかけてもネイルがすぐに剥げていては意味がありません。

では、ペディキュアとジェルネイルの持ちや値段の違いはどのくらいあるのでしょう?

ペディキュアとフットジェルのネイルの持ちや値段を比較!お得なのはどっち?

ペディキュアとフットのジェルネイルの持ちや値段を比較してみました

ペディキュアとジェルネイルの「ネイルの持ちはどの程度か」また、「値段の違いはどの程度か」を以下の表に大まかにまとめてみましたのでご覧ください。

ペディキュアの場合 フットのジェルネイルの場合
1色カラーを塗るだけの値段 2,000~4,000円 6000〜8000円
フットケアをするだけの値段 4,000~6,000円 4,000~6,000円
ドライケアをするだけの値段 なし 1,000〜2,000円
ネイルカラーの持ち 2〜4週間 4週間〜5週間
ネイルアートの持ち 2〜3週間 4週間〜5週間

を見てわかるようにペディキュアに比べてジェルネイルの方がカラーやアートの持ちは長いのです。

選ぶケア方法でペディキュアもジェルネイルも支払う金額に差があまりありません

表を見て変わるように「1色カラーを塗るだけ」の「ジェルネイル」と「ペディキュア」の値段を比較してみるとペディキュアはジェルネイルに比べて安いです。

しかし、ペディキュアの場合フットケアをせずカラーを綺麗には塗るコトは難しいので「フットケアとネイルカラー」を一緒に施術する場合が多いのです。

また、ジェルネイルの場合は長時間の水のつけ置きをが原因でネイルが取れやすくなる場合があり、フットケアではなくドライケアを一緒に施術する場合が多いのです。

1色塗りだけの施術ではジェルネイルよりマニキュアを塗る方が安いのですが、ペディキュアはフットケアが必要でジェルネイルはドライケアが必要と考えると値段にさほどの差がありません。

ネイルの持ちの良さはペディキュアに比べてジェルネイルの方が長持ちします

ジェルネイルは除光液で拭き取っても爪表面が曇るだけで自分で簡単にオフすることができません。

ですが、その分綺麗な状態でネイルを楽しむことができます。

ペディキュアは2〜3週間ほどでネイルカラーの一部が欠けてしまいまい剥がれる場合が多いので綺麗とは言い難い状態で4週間程持ちますが、ジェルネイルの場合はちょっとした衝撃でネイルアートが取れる心配も少なく綺麗な状態でネイルが長持ちする可能性が高いのです。

ネイルの持ちが良いからとジェルネイルを放置しすぎるジェルが欠けたりグリーンネイル(爪のカビ)になりやすい環境を招いてしまいますので定期的にネイルサロンへ行きジェルのメンテナンスはしましょう。

ジェルネイルを放置すると考えられるリスクや爪の病気など気になる方は以下のリンクをご覧ください。

割れた爪の対処方や白い点・黒い線など爪の症状の原因とは?内出血?水虫?何の病気?

支払いにさほどの差がないのであればお得なのはどちらでしょう?

一見ジェルネイルマニキュアに比べると高く感じますが選ぶケア方法により支払う額にさほどの差はありません

しかも、マニキュアよりもネイルカラーの持ちが良く爪表面の艶も良いとなればジェルネイルが人気になる理由もわかります。

では、ペディキュアとジェルネイルの施術にかかる時間はどのくらいの違いがあるのか見ていきましょう。

ペディキュアとジェルネイルの施術時間や乾くまでの時間は?どのくらい違うの?

ペディキュアを1色塗る時間は約20分フットジェルの場合は約1時間かかります

色を塗るという工程でも「マニキュア」か「ジェルネイル」で塗るのかという違いで施術にかかる時間に差があります。

これは、エナメル塗装と樹脂を固める手順に違いがあるからです。

1色の色を塗るという施術で比較をするとペディキュアよりジェルネイルの方がかかる時間は長いです。

しかし、ペディキュアの場合施術後にマニキュアを乾かすのに時間がかかります。

ペデイキュアは施術後1時間〜2時間フットジェルの場合すぐにネイルが乾きます

マニキュアは1色の色を塗るのに15〜20分程あれば綺麗に色を塗ることができますがその後マニキュアを中まで乾かすのに1時間〜2時間程かかります。

また、ジェルネイルはライトを当てて固めながら塗っていくので1色の色を塗るのに1時間程かかります施術後すぐにネイルが乾いているので手足が即使えます。

では、「ペディキュアやジェルネイルの施術内容」や「かかる時間」について以下のを使ってまとめてみましたのでご覧ください。

ペディキュア ジェルネイル
1色塗り 15〜20分 45分〜1時間
ドライケア なし 15分
フットケア 30〜分45分 30分〜45分
カラーオフ 5分 30分〜1時間
乾くまで 1〜2時間 即乾く

表を見てわかるように色を塗るだけの施術時間だけを比べるとペディキュアよりジェルネイルの方が施術時間は長いです。

しかし、ネイルが乾くまでの時間を考えるとペディキュアよりジェルネイルの方が短い時間で済みます。

また、ジェルネイルの場合はドライケアかフットケアかケア方法を選択することによりかかる時間が変わってきます。

選ぶケア方法でジェルネイルの施術時間を短縮することが出来ます

一色塗りのみを比較するとペディキュアよりジェルネイルの方が時間がかかりますが、実は選ぶケア方法ジェル施術にかかる時間を短縮することができます。

ペディキュアの場合ネイルカラーを塗るのに足湯につけるフットケアが必要ですが、ジェルネイルの場合は足湯につけないドライケア足湯につけるフットケアかを選択することができます。

ですので必要に応じてケア方法を変えるといいでしょう。

また、ペディキュアとジェルネイルの施術にかかる時間を比較する際は以下の組み合わせで比較するといいでしょう。

  • ペデイキュア(1色塗り)+ケア(足湯)+乾くまでの時間=110分〜190分
  • ジェルネイル(1色塗り)+ドライケア+ジェルオフの時間=90分〜135分

こうして、ネイルが乾くまでにかかる時間を合わせて考えるとペディキュアよりジェルネイルの方が早く靴下や靴を履くことができます。

また、施術後にかラーをぶつける心配がなく気持ちが楽に感じるのもジェルネイルの魅力です。

単色でもジェルネイルは塗るだけでツヤが違います

同じ色を塗っても爪表面のツヤや輝きはマニキュアよりジェルネイルの方が断然艶やかです。

なぜならエナメル塗装樹脂の違いがあるからです。

ネイルの持ちマニキュアよりジェルネイルは長く持つのでネイルアートのレパートリーも増えよりネイルを楽しむことができます。

フットの施術を受ける前日に爪の長さどうしたらいい?

爪の長さや形は、そのままの状態でネイルサロンへ行きましょう

明日ネイルサロンへ行くからとわざわざ爪切りを使って爪を短くカットしてからサロンへ行かなくても良いのです。

なぜなら、ネイルサロンではヤスリを使ってネイリストが爪の長さ形を整えるからです。

もし、自分でネイルサロンへ行く前に爪を短く切ってしまうと希望する爪の形に整えることが難しくなってしまう場合があります。

ですので、そのままの長さで行きましょう。

また、自宅で爪切りを使う場合は2枚爪にならないよう「正しい使い方」知る必要がありますので、詳しくはこちらのリンクをご覧ください。

爪切りを使った正しい爪の切り方とは?四角・ラウンド・きれいな形に見える長さとは?

水虫はうつるのでネイルサロンでのフット施術はできません

ペディキュアを塗るにしてもジェルネイルを塗るにしても水虫に感染している場合はネイルサロンでの施術をお断りされます。なぜなら、感染性の疾患に感染している方の施術をしネイリスト自身の健康を損なうと別のお客様へと2次感染を招く恐れがあるからです。

「私水虫かもしれない・・・」そう思う方はネイルサロンへ行く前に皮膚科の受診をしましょう。

ジェルネイルだけの施術でも指の怪我がある場合、ネイル施術は出来ません

指先や足先が流血している状態では「ネイル施術」はできません。

なぜなら、その流血している方がエイズや肝炎などに感染していた場合、施術をしたネイリストの手に小さな傷口があるとそこから病気に感染する恐れがあるからです。

また、抗癌剤治療をしている方は爪の剥離や変色が気になるかと思いますがジェルネイルは出来ません。

ですので、自宅でセルフケアをしましょう。

短い爪や割れた爪でも大丈夫そのままサロンへ行きましょう

ネイルサロンでは爪の長さを作ることもできますし、また自爪の長さ形を育成していくこともできますので爪の長さ形が短いと悩んでいる方ほどネイルサロンを利用しましょう。

また、自爪が割れてしまった際にそのままの爪でネイルサロンへ行っても大丈夫ですが、実は自宅にあるもの簡単に応急処置するコトができます。

もし詳しく知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

割れた爪の対処方や白い点・黒い線など爪の症状の原因とは?内出血?水虫?何の病気?

マニキュアかフットジェルかジェルに決めたら今度はジェルの種類に悩むものです

ジェルネイルにはサンディングタイプとノーサンディングタイプの2種類あります

ジェルネイルにはサンディングタイプとノーサンディングタイプのジェルネイルがあります。

自爪をスポンジファイルで軽く傷をつけること「サンディング」と言います。

ですので、「サンディングタイプは傷つけるジェル」「ノーサンディングタイプは傷つけないジェル」なのです。

自爪を傷めない方が爪に優しいように感じますが、削らなくても付きが良いと言うことは「酸」が含まれている場合が多くその場合ジェルによるアレルギーを引き起こす場合があります。

また、どちらのタイプのジェルだから良いのではなく「ネイリストがいかに自爪を大切に考え施術をしているか」が重要です。

ですので、ネイルサロン選びも重要なのです。

自爪を削らないジェルネイルとサンディングするジェルネイルの違いとは?

ジェルの種類塗布方法数多くあります。

ですので、ペディキュアではなくフットジェルと決めてからは「どちらのジェルネイルを使用しているネイルサロンを選んだら良いのか」と悩むものです。

ジェルを仕上げた後爪表面に艶はあり、どちらのタイプのジェルも差はありません施術工程に違いがあります。

また、塗布するジェルの施術工程が異なるジェルネイルをオフする方法にも違いあります。

しかし、専門用語で「一層残し」や「サンディングなし」と紹介をしたネイルサロンのホームページを幾つか見たところで意味なんてわかりません。

どちらのジェルネイルだから良いのではなく、どのようなジェルを使用どのようなオフ方法を取り入れたネイルサロンなのかが重要なのです。

ですので、まずはオフ方法の違い知りましょう。

以下のリンクで「ジェルの種類」や「オフの違い」「一層残し」や「フィルイン」等について詳しく説明していますのでぜひ参考にしてください。

人気はグラデーション?ジェルネイルをオフするタイミングや時間・方法・やり方とは?

〜タイプのジェルだから良いの?お金のかかるネイルだから付きが良い サロンを選びたい

どのようなタイプのジェルネイルを使用しているから良いネイルサロンというものではありません。

「どのような考えでネイル施術を提供しているサロンであるのか」が重要なのです。

ですので、どのような種類のジェルを使用しどのようなオフ方法を取り入れどのような考えを持つネイリストが在籍しているのかをホームページなどで調べてみると良いでしょう。

また、自分にお金をかけるので「ネイルの持ちが良いサロンを選びたいと思うこと自然なことです。

それはネイルサロンへ行くことが初めての場合でも同様のことが言えます。

しかし、ネイルサロンが初めての方がネイルメニューを見ても意味がわからない感じるものです。

初めてのネイルサロンは手順や流れ・メニュー表の見方がわからず緊張するものです

ネイルサロンが初めての方がメニューを見て意味がわからないと感じて当然なのです

ネイルサロンが初めての方がネイルサロンのメニューを見て意味がわからないと感じて当然なのです。

なぜなら、ネイルサロンのメニュー表は専門用語と値段が並び単位10本単位や1本単位などが混ざって記載されているからです。

ですので、ネイルサロン初心者の方が見て意味がわからないと感じて当然なのです。

おかしなことではありません。

初めてのネイルサロンは手順や流れがわからず誰でも緊張するものです

ネイルサロンが初めての方にとっては、その手順や流れが全くわからないので、緊張したり不安になってしまうコトがあります。

ですが、これは初めての方であれば必ず起こるコトなので、緊張や不安を感じても大丈夫です。

そこで、一般的なネイルサロンの施術の流れや時間について以下のリンクにて詳しく解説していますし、ネイルサロンが初めての方がサロン選びをする際に見るべきポイントのご紹介もしています。

ですので、ネイルサロンが初めての方はこちらのリンクをご覧ください。

初めてのネイルサロンの流れのまとめ。メニュー・値段・時間・デザイン・施術の違い

当サロンはネイルサロンが初めての方でもネイルを初めやすい富山のサロンです

当サロンは富山県富山市の閑静な住宅街にあるネイルサロンです。

また、ネイルサロンが良いが初めての方に向いているネイルサロンです。

なぜなら、当サロンのメニューは全部で3つしかありません。

ですので、ネイルサロンが初めての方でも希望するメニューを迷うことなくネイルを始めることができます。

「いったい他のサロンと何が違うのか」「どういうメニュー内容なのか」と興味を持った方はこちらのリンクをご覧ください。

富山のネイルサロンでオススメ!口コミでジェルが人気な当店のメニュー・料金・予約

まとめ

これまで書いてきたように、フットジェルやペディキュアには性質やネイルの持ち等に違いがあります

ですので、「どちらの施術を受けようか」悩んでいる方はこの記事をよく読み自分が希望する施術は何か」を知りましょう。

するとネイルサロンメニューの見方がわからなくても自分自身の希望するメニューをネイリストに伝えることができます。

無料メール講座を読み失敗しないサロン選びのポイントを知りませんか?
ネイルサロンへ行こうとネット検索し幾つかのサロン比較したところで「比較すべきポイント」を知らなければ「より良いネイルサロン選び」は出来ません

「行ってみたらダメだった・・・。」そのような経験はもう終わりにしませんか?

より良いネイルサロンへ行くために無料メール講座「もうネイルサロン選びに失敗しないためのメール講座」の登録をオススメします。

 
失敗しないネイルサロン選びメール講座

ライター紹介 ライター一覧

ネイルケアサロンハート

ネイルケアサロンハート

富山の閑静な住宅街に位置する隠れ家的ネイルサロン・ポーセラーツサロン「HEART」です。お客様にゆったりネイル施術を受けていただくために完全予約制を導入しております。また、大人の女性に人気のあるポーセラーツレッスンも定期的に開催しております。

関連記事

  • 割れた爪の対処方や白い点・黒い線など爪の症状の原因とは?内出血?水虫?何の病気?

  • 単色の赤を簡単に塗るセルフペディキュアのコツと夏に出来るフットケアのやり方

  • 夏のフットネイルは単色・シンプル・シェルのデザインが人気?セルフで簡単な色は?

  • 手足は同じ色?違う色?ペディキュアとマニキュアの違いやオススメの組み合わせとは?